検索
  • shibano

第2期学生の最終報告会

8月29日(木)に,第2期生の最終報告会が行われました.

多くの人が集まり,大変盛況な報告会となりました.



中村丞さんは,日本におけるSTOプラットフォームの構想について,法的な規制面,クラウドファンディングサービスを踏まえたSTOのニーズについての分析を交えつつ提案を行いました.

また,デモアプリケーションも好評でした.


江口静さんはCosmos SDKを用いた独自ブロックチェーンを実装し,選挙の投票への適用を検討しました.

現実の選挙における問題点を洗い出し,それを解決できるソリューションとして提案しました.


小林俊平さんは,ブロックチェーン上の検証可能・プライバシー安全・モデル知財安全な分散秘匿機械学習プラットフォームと題して,機械学習におけるデータ所有者とモデル構築者,モデル利用者を分断でき,データのプライバシーが守られる秘匿計算を実現するブロックチェーンの構想について提案しました.


末神奏宙さんは,以前から開発をしている独自ブロックチェーンVreathを進化させました.VreathからBitcoinやEthereumなどの他のブロックチェーンへアクセスする方法,さらに,そのために求められるセキュリティ水準に関して,他のブロックチェーンから対改ざん性をインポートできる仕組みの提案を行いました.


長竜也さんは,近い将来自動運転車が世の中で日常に利用される世界を想定し,その際のタクシーの所有権をトークンによって分解し,投資家,自動車メーカー,タクシー事業者が効率的に事業を行うことができるプラットフォームの提案を行いました.


田原弘貴さんは新しい仮想通貨建てステーブルコインCalの提案です.既存の仮想通貨建てステーブルコインの問題点を指摘し,高いリスクを取る人はより高いリターンが得られるような,参加者にとって納得感が高くなるように新しく設計したステーブルコインの発表を行いました.


野地大樹さんは,ブロックチェーンを用いて個人間でモノの貸し借りを実現するサービスの提案を行いました.

スマートコントラクトをうまく活用することで,業者が介在するケースと比べ手数料が軽減されるサービスを実現できます.


管原秀太さんは,第1期からの継続参加です.

第一期のときにブロックチェーン開発支援を行うツールの提案を行っていましたが,開発支援のためのプラットフォームへとコンセプトを進化させ,トークンエコノミーを用いたユーザー間の技術情報共有,ジョブマッチングが行えるメディアが新たにサービスに加わりました.



どの方も非常に濃い内容の発表でした.

皆様長い期間本当にお疲れ様でした.

94回の閲覧

最新記事

すべて表示

ブロックチェーンと私

私は東大ブロックチェーンイノベーション寄付講座に第4期生として参加し、チームで Artreeというサービスを開発、さらに合同会社として共同創業しました。 元々、建設・土木が専門だった私が、なぜブロックチェーンに興味を持ち、Artreeを立ち上げるに至ったのかを紹介させていただきます。 自分に出せる価値を必死に探した留学時代 私は現在工学系研究科社会基盤学専攻の修士2年に在籍しています。私は、大学院

他専攻からプログラムに参加してみて

専門分野がブロックチェーンとは直接関わりのなかった大学院生から、本プログラムに参加した感想を頂きました。 1. 自己紹介 東大の理学部物理学科の卒業生で、今は東大大学院の情報理工学系研究科 創造情報学専攻で量子計算と機械学習の関係について研究している修士課程学生です。 2. プログラムを知ったきっかけ Twitterで流れてきたので応募してみました。 3. ブロックチェーンを知ったきっかけ フリー

プログラムに参加してみてどうだったか書いてみる

はじめに みなさん初めまして,学生スタッフの近藤です. 私は約一年前に,学科同期の澤田くんと「CO.NECTブロックチェーン学生起業家支援プログラム」に応募しました. ありがたいことに第三期生として採択され,約半年の間,本寄付講座の支援を受けながら,ブロックチェーンを活用したビジネスモデルの検討と,プロダクトのプロトタイピングに取り組みました. 最近では,情報系学生を対象とした有給インターンシップ

© 2020 Endowed Chair for Blockchain Innovation, the University of Tokyo All rights reserved